初めてコンタクトレンズを使うなら眼科の診察を受けてから

視力の矯正だけでなく、お洒落アイテムとしても人気が高いコンタクトレンズ。もしも初めてコンタクトレンズを使うという場合は、必ず眼科の検診を受けてから使用することをお勧めします。なぜならば、場合によっては目に何かしらの疾患がありコンタクトレンズが適さないことも考えられますし、眼球のカーブに合ったコンタクトレンズを使わなければ目に傷がついてしまう可能性もあるからです。

目の疾患は治ればコンタクトレンズが使えるようになります。眼球のカーブは眼科で診察してもらえば分かりますので、その数値にあったコンタクトレンズを選べばOKです。

コンタクトレンズは通販でも手軽に購入できますが、最近は処方箋がなくてもコンタクトレンズを購入できるショップが増えてきました。しかし、処方箋がなくてもOK=病院にいかなくてもいいというわけではありません。処方箋なしでもOKというのは、定期的に眼科の検診を受けることが条件となります。目に不調がないかどうか眼科でしっかり診断してもらうことで、目のトラブルを未然に防ぐことができるのです。

コンタクトレンズの不良品によって目のトラブルが起こることはありますが、自己管理を怠ることでも目のトラブルが起こるということを覚えておきましょう。

Posted in コンタクトレンズ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>